「最高級」三田牛&神戸牛専門店 ミカゲヤ

  • 店舗情報
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
ビーフ豆知識

牛肉の歴史

ステーキはもちろん、焼肉や牛丼、すき焼き、ハンバーグなど、牛肉を使った料理はたくさんあり、そのどれもが日本の食卓には欠かせません。
そんな牛肉がいつから日本で食べられるようになったのでしょうか?

牛肉を食用としていたのは縄文時代~弥生時代とされています。
しかし、仏教の伝来とともに「肉食禁止令」が発令された飛鳥時代以降、牛肉をはじめとする肉食が禁じられるようになりました。
それからしばらくの間、牛は農耕や運搬にのみ使われるようになりました。

戦国時代~江戸時代になると外国人の影響を受けるとともに健康の回復や病人の養生、いわゆる「薬喰い(くすりぐい)」として肉食が始まりましたが、体力、気力回復の為だけに使われた特別な食材でした。
現在でも他の肉に比べると高価なものですが、その当時は庶民にとって本当に貴重なものでした。
大正時代では日常的に食されるようになり、現在では、わたしたち日本人にとって欠かせない食材となっています。